2021年3月31日アーカイブ

裁量トレード・自動売買 メリットデメリット

FXトレード方法

FXトレードには大きくわけて裁量トレード自動売買などのシステムが自動であなたの代わりに取引してくれるモノノ
2通りがあります

まず裁量取引のメリットデメリットから解説していきます。

メリット

まずメリットからです。

 

裁量取引の大きなメリットが為替相場の動きに合わせて臨機応変なトレードができることです。

為替相場は国際情勢や世界が僕の要人の葉出現といった情報によって流れが変わるということが多々あります。

トレンドが発生したり転換するであろうことを事前に予測することで大きな利益を狙うこともできますし

ポジションを整理したり取引数量を調整したりして大きな損を出さないという対策も自分でできます。

しかしその分析も勉強が必要ですので簡単とは言い難いですけれども裁量トレードではチャート分析の能力が身につくのもポイントです。

トレードするために様々なテクニカル分析の知識を学び実践することで勝つための自分なりの戦略が立てられるようになります。

デメリット

次はデメリットです採用はメンタルの影響を受けやすい手法です。

トレードスタイルにもよりますけれどもポジションを保有している間はチャートから目が離せなかったり長期にポジションを保有して寝ている間や仕事をしている間の度合いだとかね

ポジションを保有している時は四六時中ソワソワしたり緊張感があります。

大きな含み損が発生してしまったなど気が抜けない場面が多いのが最良とレッドを持ってメリットです。

含み損上げてしまってもこれから相場が好転するはずと根拠なく希望的観測をして損切りできないケースがあります。

そのまま含み損が膨らんで強制ロスカットされて大きな損失につながることもあるでしょう。

また大きなリターンを狙いハイレバレッジでトレードする場合8稼ぎたいという欲を優先させてしまうと適切なりカップや損切りができなくなる可能性もあるためメンタルコントロールが非常に重要です。

特に初心者はメンタルコントロールが未熟なままトレードをしてしまいがちなため常に根拠あるトレードを意識する必要があります。

自動売買メリット・デメリット

では次は自動売買のメリットデメリットを解説していきます。

メリット

まずはメリットです。
システムによって自動的に売買が行われるためメンタルの影響を受けにくいこれが最大のメリットです。

常に一定のルールで自動的にトレードされることでチャートの動きに一喜一憂することがないです。

メンタルに左右されて無謀なトレードをする心配もありません。

さらに含み損が発生した際も自動的に村切られる自動売買なのであれば含み損を抱え続けて不安が続くといった精神的な負担も軽減されます。

FX初心者の方はメンタルってそんなに重要なのをと甘く見ている方もいると思いますけれどもこのメンタルに左右されないで自動で取引してくれるって言うのは初心者にとって本当に重要なことなんです。

大事なんですそれだけメンタルの影響を受けるのがトレードたっです

自動売買は常にチャートを確認する必要がありません。

そのため仕事や家事などで忙しくチャートを見られない時間が長い人でもトレードができます。

深夜でも早朝でも売買タイミングを逃さずにトレードできるのは大きなメリットでしょう。

またの相場の大きな変動が起こりそうなときはサポートから事前に連絡があるため自動売買をオフにするだけで稼働をストップして大きなリスクを避けることができます。

その場合は可動指定なので利益が出ませんが損失もありません。

デメリット

自動売買はチャート分析をする必要がないのでテクニカル分析などの技術が伸びにくいというデメリットがあります。

そのためいつまでも知識や上ず自分なりのトレード戦略を作り上げるということはなかなか難しいでしょう

また組み込まれたロジック通りにポジションを持っていくのでポジションが多くなった時に相場が急変動などしてしまうと危ない状況になってしまう場合もあります。

ただこれは先ほど言いましたけれども事前にサポートが教えてくれるのである程度前対策ができます

ポジションの持ち方っていうのは自分ではコントロールできないのでもしそうなってしまった時には自分で判断してポジションを整理する力も

あった方が良いと思います。
以上の点を踏まえてFX初心者の方が始めやすいのは自動売買といえるでしょう。

まとめ

まず仕事をしながらでも家事をしている間も24時間システムが自動で取引してるので時間に縛られないでトレードの知識はない初心者の方でも大きく相場が動きそうな時でも方へのサポートからの連絡があるため避けることができる。

常日頃から経済指標やニュースなどを見るようにしたりとか少しづつでも良いので勉強することは大きな損失をしないためにも必要な要素です。

今回は最良トレード自動売買メリットデメリットについてお話しさせていただきました

 

利益を上げるレンジ相場の基本を解説!

レンジ相場とは

相場の7割から8割がレンジ相場と言われる相場の世界を演じ相場で利益を上げる事が出来たら年間を通してプラス収支に持っていけると考える人は多いです。

けど実際にはトレンドを捉えるよりもはるかに難しいのがレンジ相場でレンジ相場と言えばある一定の範囲をいったりきたりする動きが特徴的ですけど実際の相場の動きを見ていると綺麗な上下の動きもあればそうでない動きもあります。

多くの動画や本などで紹介されているレンジ相場っていうのはすごく簡単そうに相場が前回のポイント付近もしくは超えた後の反発の動きを見て逆方向エントリーをするっていう感じで支えていることが多いと思うんですけど実際には口で言うのは簡単だけど具体的にどのタイミングでエントリーすればいいのか疑問だらけです

というわけでまずはレンジ相場におけるエントリーのタイミングを具体的に解説していきたいとおもいます。

基本的な動き

この場合の基本的なエントリーのタイミングとしてはレンジのポイントとなる部分に近づいてきたタイミングでエントリーの準備を始めるんですけどその時の相場によってしっかりとをラインにタッチしてから反発する時もあればタッチしないで反発して行く時もあるし逆にラインを越えたタイミングで反発していくときもあります。

そんなときどうやってエントリーすればいいのかっていうと価格の反発を確認することはもちろんなんですけど注目すべきポイントはローソク足なんです。

それはなんでかっていうとまずレンジ相場の特徴としてある程度の価格の間を上下するっていうのは上下の重要な価格帯の部分で売り圧力買い圧力が強いから反発していくっていうことに加えて相場を動かすようなファンダメンタルズ的な要因がないっていうことが多いんです。

重要な価格帯での圧力が強いっていうのはどうやって判断することができるのかというと証券会社が提供している。

オーダーブックを確認することでもおおまかから目安として見ることはできるんですけどチャート上で一番分かりやすい方法っていうのがロウソク足が長めのヒゲをつけて戻された時なんです。

ローソク足に長めのヒゲが出る時っていうのは買いで入っていた人たちが利確していくっていうことに加えてその価格で今度は売りのエントリーをする人が多かったって
いうことが言えると思うんですけどまさにそのタイミングがレンジ相場でエントリーするために参考にする部分でもあるんです。

要するにレンジ相場になり得る価格帯にレジサポラインを引いておいてローソク足が少し長めのヒゲをつけて下降気味になってきたタイミングがエントリーのタイミングということのです。

もう少し分かりやすく言うとレジサポラインはあくまでも目安で重要なのはローソク足のヒゲを確認した後の反発の動きを確認することが大切だっていうことです。

ローソク足のヒゲを確認してその後の動きを見てからエントリーすることでダマシ似合う可能性も減らすことができますし最初に引いたレジサポラインを越えていったのであれ
ばそこからトレンドが発生していくのかもしくは高値を更新したものの再びレンジ相場のような動きをしていくのかっていうことを静観することができます。

要するに長めのひげができる=売りの圧力が強いんじゃないかっていう感じの過程を意識しながらエントリーを行うことで
思いつきでエントリーをするんじゃなくて相場の心理を考えた上でエントリーをするっていうことが大切だっていうことです。

仮にうまくエントリーできたとしてその時に大切なことっていうのが損切りのポイントをどうするかっていう部分なんですけどこれは単純にレジサポライン
の外側に置いておく方法が無難でそれはなんでかっていうといくらレンジ相場だからといって確実に判定していくっていうことはないですし再びライン付近まで上昇してから加工していくって
いうことも十分に考えられるからです。

もちろんレンジ相場に限らずトレンドラインを使ってエントリーするような時も一緒でラインの外側に損切りの位置を設定しておくっていうのが損切りの鉄則でもあります。

これでレンジ相場における基本的なエントリーと損切りのポイントっていうのは分かったと思うんですけどレンジ相場で取引を行うにあたって注意すべきポイントっていうのがあって
レンジの幅が短い時はあまり利益も期待することができないのでそういうときはレンジを狙いに行くんじゃなくてレンジブレイクを狙いに行ったほうが無難だということです。

レンジの幅が短いっていうのはだいたい相場が大きく動く前触れだと個人的には思っていてそこで無理に小さな利益を取りに行ってもしょうがないんですよ。

例えばこんな感じの動きがあったとして前半の部分では綺麗なレンジが作られそうだなって思っても途中から幅が短くなっていくっていうときもあります。

まとめ

そんなときレジサポラインの反発を確認してエントリーするっていうのはあまり良くなくてレンジの幅が高い部分で短くなってきているって言うのはその後にレンジブレイクして上にそのまま抜けていく可能性が高くてそんな時にエントリーするっていういうのは結構リスクが高いです。

もちろん期待とは裏腹に逆方向にブレイクしていくときもあるんですけどさっきもお伝えした通りレンジの幅が短い時は相場が一気に動く可能性が高いので短くなったレンジの幅の外側に抜けていくことを意識してブレイク狙いのエントリーに切り変えた方が無難でもあるんです。

要はローソク足の動きとレンヂの幅を確認してエントリーするかどうか決めるっていうのがレンジ相場においては大切なことなんじゃないかなと思います。

以上のことがレンジ相場の基本となります。

RSIのFX手法の考え方と基本知識!!

RSIの基礎

今回は相場の勢いを知るためのテクニカル指標RSIの基本的な使い方と応用するための考え方について解説していきたいとおもいます。

まずRSIの基本的な使い方ってダイバージェンスがが確認できるってこと

示す数値が70以上だったら相場は変わりすぎて判断することができて逆に30以下の時は相場は売られ過ぎっていう感じですごくシンプルな考え方です。

RSIの数値に合わせて逆張りでエントリーをしていくっていうのが基本的な使い方でもあるんですけど結構激しいトレンド相場だとあまり機能しなくてレンジ相場の時だったり相場が緩い動きをしている時ほどを機能していくっていうのがRSIの特徴です多くの人が知っているRSIの売買方法って数値の70を超えてから破ったタイミングか30終わってから超えたタイミングでエントリーをするっていう方法です。

でも誰もが一度は通る道としてテクニカル指標のエントリールールの部分に目が行ってしまって相場の流れを確認することを忘れがちになっちゃいます。

例えば先ほど激しいトレンド相場の時は機能しにくいっていうことを伝えたと思うんですが相場の動きをしっかりと確認していれば何となく分かることなのにそれを無視して忠実にエントリールールに従った結果多くの本質を出してしまったと言ういう経験をしたことがある人は多いのではないでしょうか。

要するにどんなテクニカル指標を使ったとしてもそのテクニカル指標が得意とする相場の動きっていうのはある程度あってそれをしっかりと分かった上で使っていかないとテクニカル指標が支えてるとはいえないですよねじゃああRSIの場合は具体的にどうやって行けばいいのかっていう具体的な方法っていうのはチャート上に支持線抵抗線をしっかりと引いて相場が示している動きっていうのを自分なりに把握した上でRSIのエントリールールを使っていくことが大切です

例えばなんですけど支持線抵抗線を引いてレンジ相場だっていうことが確認できたとしたら
今後の動きもレンジ内の上下の動きになる可能性があるって判断することができます。

じゃあその中で支持線の部分で相場が反発した時っていうのは次に目指すポイントは抵抗線付近だっていう予測をすることもできて次に逆張りでエントリーしてうまくいく可能性が高いのは抵抗線付近でRSIがは70を下回る動きをした時にエントリーをするって考えることができます。

ということは価格が抵抗線付近に到達するまでの間に出るRSIのシグナルって言うのはだましのシグナルになるか抵抗線に向かう途中の一時的な戻りになる可能性が高いっていう判断もすることができてRSIの特徴にあった取引を行うことができます。

RSIは基本的に逆張りの指標ということを伝えたと思うんですけど絶対に逆張りで使わないとダメっていうこともないので自分なりの使い方をつくっていくこともできます。

例えばさっきの続きでいくと相場が次に向かう方向は抵抗線付近になるだろうっていう予測から上昇途中で逆張りするのはリスクが高そうだから順張りで入ろうて考えるのであれば数値の50や40を一度を下回って再度上に抜けて行った時に買いでエントリーをするって感じで使うこともできるしRSIにトレンドラインを引いてラインに対して反発した後に海へエントリーをするって感じで考え方次第では順張りのルールを作ることもできます。

もちろんそれを実行していくためには過去のチャートで何回も確認することができるパターンっていうのを自分なりに見つけていく必要があるのと基本的には日足を軸に考えた方がいいと思っていてそれは何でかっていうとRSIを表示させる時間足が短くなればなるほど動きが激しくなっていくのでその分パターンを見つけるのが難しくなるのとダマシのシグナルが多くなってしまうからなんです。

RSIを使う時に必ず必要な事っていうのが大前提としてチャート分析をした上でRSIを補助的な役割として使っていくっていうことです。

まとめ

当たり前のことといえば当たり前の事なんですけどテクニカル指標を使うとどうしてもテクニカル指標でのエントリーシグナルを気にしちゃう人って多いと思っていて基本的にはチャートの動きに基づいたエントリーをしていかないと継続して利益を上げていくことは難しいと思います。

テクニカル指標っていうのは設定期間を変更して自分の見やすいようにすることができる反面それはカーブフィッティングになってしまう可能性が非常に高いので基本的には初期設定のまま使った方がいいと思ってるんですけど実際には自分でいろいろ試行錯誤して使うことも大切だと思うのでその点に関しては過去のチャートに基づいた分析あるのみって感じです。

FXの代表的なトレード手法

代表的な手法

代表的なトレード手法についてお話していきます。
FXには大きく分けて3つのトレードスタイルがあります。
それぞれに明確な定義はないのですが取引期間や
狙う利益幅によって

  1. スキャルピング
  2. デイトレード
  3. スイングトレード

と呼ばれる3つのトレード手法があります。

FXを無理なく続けていくには自分のライフスタイルに合ったトレード手法を選ぶことが重要です。

ここから3つのトレードスタイルの特徴について解説していきたいとおもいます。

一つ目

一つ目はスキャルピングです。

スキャルピングとは数分から1時間といった短い時間で3から10pipsといった小さな利益を狙ってコツコツと利益を積み重ねていくトレードスタイルとなっていますチャートを見ている時以外はポジションを持っていない状態になりますのでメンタルが安定しやすいという利点があります。

またトレードの試行回数が多くなりますので実績の検証がしやすく取引の上達スピードも速いです。

1回の取引辺りの家木駅幅少ないですが損失幅も少ないのでリスクが少なく実績を積んで早く慣れることができるという点で初心者にオススメのトレード手法です

スキャルピングで効率よく稼ぐためにはある程度のボラティリティつまり値動きの荒さというのが必要になります。

世界中で多くの投資家がトレードに参戦している21時から25時といった時間帯は値動きも活発でスキャルピング向きの時間帯です。

仕事の終わりの夜の時間にガッツリ集中してトレードに取り組みたい方にはスキャルピングがぴったりです。
サラリーマンの方で副業でFXをされている方はやリビングをしている方が多いです。

二つ目

二つ目はデイトレードです。

デイトレードは数時間から1日の期間で30から100 pips 程度の利益幅を狙う取引スタイルとなっています。

スキャルピングと違ってチャートに張り付く必要がないのでポジションを立てた後にしばらく放置できるというメリットがあります
基本的にポジションを翌日に持ち越さないので寝ている間にレートが急変して起きたら真っ青なんてこともありません。

デイトレードの場合チャートの確認は1日数回程度でokですのでトレードにまとまった時間は割けないけれどスキマ時間でトレードしたいという方におすすめです。

ただデイトレードの場合はやはり相場が気になってしまって何度も確認してしまうもので一日中パソコンに張り付いてトレードしているといったデイトレーダーも多いです。

三つ目

三つ目はスイングトレードです。

スイングトレードは数字つから数週間といった長い期間で50から200pipsの利益幅を狙う取引となっていますチャートを見る頻度はデイトレードよりも少なくてすみ1日1回数実に1回程度でも問題ありません。
多くの投資家が意識する日足や週足といった長期の時間足を使った分析が中心になりますのでチャート分析のセオリーが通用しやすいという利点もあります。

スイングトレードは忙しくてチャートを見る時間があまり取れない方チャート分析の勉強しながらゆったりとトレードしたい FX初心者の方にもおすすめのトレードスタイルとなっています。

先ほども申し上げましたが初心者の方はまずは FXの取引になれることが重要です。

リスクが少なくたくさんの取引が短時間でできるスキャルピングから始めるのがオススメです。

今回は FXの代表的なトレード手法について解説させていただきました。