RSIのFX手法の考え方と基本知識!!

RSIのFX手法の考え方と基本知識!!

RSIの基礎

今回は相場の勢いを知るためのテクニカル指標RSIの基本的な使い方と応用するための考え方について解説していきたいとおもいます。

まずRSIの基本的な使い方ってダイバージェンスがが確認できるってこと

示す数値が70以上だったら相場は変わりすぎて判断することができて逆に30以下の時は相場は売られ過ぎっていう感じですごくシンプルな考え方です。

RSIの数値に合わせて逆張りでエントリーをしていくっていうのが基本的な使い方でもあるんですけど結構激しいトレンド相場だとあまり機能しなくてレンジ相場の時だったり相場が緩い動きをしている時ほどを機能していくっていうのがRSIの特徴です多くの人が知っているRSIの売買方法って数値の70を超えてから破ったタイミングか30終わってから超えたタイミングでエントリーをするっていう方法です。

でも誰もが一度は通る道としてテクニカル指標のエントリールールの部分に目が行ってしまって相場の流れを確認することを忘れがちになっちゃいます。

例えば先ほど激しいトレンド相場の時は機能しにくいっていうことを伝えたと思うんですが相場の動きをしっかりと確認していれば何となく分かることなのにそれを無視して忠実にエントリールールに従った結果多くの本質を出してしまったと言ういう経験をしたことがある人は多いのではないでしょうか。

要するにどんなテクニカル指標を使ったとしてもそのテクニカル指標が得意とする相場の動きっていうのはある程度あってそれをしっかりと分かった上で使っていかないとテクニカル指標が支えてるとはいえないですよねじゃああRSIの場合は具体的にどうやって行けばいいのかっていう具体的な方法っていうのはチャート上に支持線抵抗線をしっかりと引いて相場が示している動きっていうのを自分なりに把握した上でRSIのエントリールールを使っていくことが大切です

例えばなんですけど支持線抵抗線を引いてレンジ相場だっていうことが確認できたとしたら
今後の動きもレンジ内の上下の動きになる可能性があるって判断することができます。

じゃあその中で支持線の部分で相場が反発した時っていうのは次に目指すポイントは抵抗線付近だっていう予測をすることもできて次に逆張りでエントリーしてうまくいく可能性が高いのは抵抗線付近でRSIがは70を下回る動きをした時にエントリーをするって考えることができます。

ということは価格が抵抗線付近に到達するまでの間に出るRSIのシグナルって言うのはだましのシグナルになるか抵抗線に向かう途中の一時的な戻りになる可能性が高いっていう判断もすることができてRSIの特徴にあった取引を行うことができます。

RSIは基本的に逆張りの指標ということを伝えたと思うんですけど絶対に逆張りで使わないとダメっていうこともないので自分なりの使い方をつくっていくこともできます。

例えばさっきの続きでいくと相場が次に向かう方向は抵抗線付近になるだろうっていう予測から上昇途中で逆張りするのはリスクが高そうだから順張りで入ろうて考えるのであれば数値の50や40を一度を下回って再度上に抜けて行った時に買いでエントリーをするって感じで使うこともできるしRSIにトレンドラインを引いてラインに対して反発した後に海へエントリーをするって感じで考え方次第では順張りのルールを作ることもできます。

もちろんそれを実行していくためには過去のチャートで何回も確認することができるパターンっていうのを自分なりに見つけていく必要があるのと基本的には日足を軸に考えた方がいいと思っていてそれは何でかっていうとRSIを表示させる時間足が短くなればなるほど動きが激しくなっていくのでその分パターンを見つけるのが難しくなるのとダマシのシグナルが多くなってしまうからなんです。

RSIを使う時に必ず必要な事っていうのが大前提としてチャート分析をした上でRSIを補助的な役割として使っていくっていうことです。

まとめ

当たり前のことといえば当たり前の事なんですけどテクニカル指標を使うとどうしてもテクニカル指標でのエントリーシグナルを気にしちゃう人って多いと思っていて基本的にはチャートの動きに基づいたエントリーをしていかないと継続して利益を上げていくことは難しいと思います。

テクニカル指標っていうのは設定期間を変更して自分の見やすいようにすることができる反面それはカーブフィッティングになってしまう可能性が非常に高いので基本的には初期設定のまま使った方がいいと思ってるんですけど実際には自分でいろいろ試行錯誤して使うことも大切だと思うのでその点に関しては過去のチャートに基づいた分析あるのみって感じです。

コメントは受け付けていません。